MAKES 結婚相談所サーチ

back

結婚相談所ご利用ガイド

婚活豆知識

結婚相談所で起こりうるトラブル集❶

 

婚活で結婚相談所を利用することを検討しているのであれば、どんなトラブルが起こり得るのか、トラブルが起こった際にどうすればいいのかを事前に把握できるように「結婚相談所で起こりうるトラブル」を集めてまとめてみました。

中にはしっかりとしたサービスを提供している結婚相談所でも防げず起こりうるトラブルもありますので、いざという時のために知っておいて損はありません。

 

【結婚相談所とのトラブル】

❶結婚相談所からの執拗な勧誘行為

かつては「卒業アルバムに載っていた電話番号を全て連絡して営業をかけていた!」なんてエピソードもある結婚相談所業界ですが、近年は節度とモラルを持って行動している所が多く、大きなトラブルはあまり聞こえてきません。

しかしながら一部の結婚相談所でしつこい営業を行っている所がまだあるのも事実

説明会に行ったら何時間も拘束されたり、何度も電話をかけてくるケースもありますので、相手に付き合わずに断る時はハッキリとお断りできるように心構えしておきましょう。

 

👉仲人Tさんの記事にもあるように「他の相談所に行く予定があるので今は決められない」と断ったり、オンライン説明会にしたりする方法がおススメです。

また、「しつこい営業は苦手なので営業してこない相談所にします」など事前に「営業お断り!」のスタンスを相手に伝えておくといいかもしれません。

それでもしつこく営業かけてくるような結婚相談所はすっぱりと検討から外し、別の結婚相談所にするのが一番です。

貴方が嫌がることをお構いなしでやってくる人に貴方の人生を預けるのはやめておきましょう。

 

 

❷聞いていたサービスと違う場合

申込人数やサポートの時間や範囲など、契約前に色々説明を受けると思います。

しかしながら理解していた内容と実際のサービスが違う事もまれにあるようです。

書面化されていない場合は勘違いなのかも分からないことが多く、トラブルや利用者のモヤモヤにつながりやすい部分です。

 

👉しっかりと事細かく書いてある契約書を用意しているとこもあれば、注意事項等の表記が簡素でトラブルに繋がりやすい契約書しか用意していない所もあります。

契約時の書面に全て記載されているかどうかしっかりと確認してから契約をするのが一番です。

また、特に気になる部分がある場合は契約前にしっかりと結婚相談所に確認をしてください。(勘違いや言い逃れ防止の為にも記録が残るメールなどが一番です)

 

 

❸結婚相談所のサービス品質

利用者の期待していたサービス品質を結婚相談所側が提供できなかった場合のトラブルもよく聞こえてきます。

利用者が過度な期待をしすぎているケースもありますが、結婚相談所側が利用者を抱えすぎていて、一人一人にかけられる時間が割けていないこともよくあるようです。

 

👉こちらも契約前に事前にどんなサービスを受けられるか具体的に色々と聞くことが一番です。

結婚相談所も想定外の忙しさやトラブルで一時的に満足なサービスを提供できないこともありますが、2か月、3ヵ月と続くようであればその先もあまり期待できませんので、結婚相談所を変えることも検討してもよいかもしれません。

 

 

❹結婚相談所の担当者が苦手

どんなに素晴らしい結婚相談所やカウンセラーでも相性というものが必ず存在します。

利用者との相性がどうしようもなく悪く、やりとりにストレスを感じたり、利用者の要望が伝わらないことが多くなると、婚活自体がうまく進められないことも出てきてしまいます。

 

👉言い出しにくいかもしれませんが、心を強く持ち担当替えを結婚相談所にお願してみてください。

カウンセラーとの相性は本当に大切で、ここで今後の婚活がうまくいくかどうかが決まる!

といっても過言ではありません。

せっかく勇気を出して結婚相談所を利用し始めたのであれば、もう少しだけ勇気を追加で出して自分が有利になる環境を自分で作ってみてください。

ただ、カウンセラー1人のみの個人運営の結婚相談所の場合はどう頑張ってもカウンセラーは交代できませんので、個人経営の結婚相談所と契約する際は特に気を付けた方がいいでしょう。

 

 

❺お金にまつわるトラブル

こちらも勧誘行為と同様で近年はトラブルもかなり減ってきておりだいぶクリーンなってきています。

しかしながら問題が起こっていない訳ではないので気を付けるにこしたことはありません。

 

起こりやすいトラブルは「中途解約金に関するトラブル」と「成婚料発生タイミングの認識」の二つです。

 

「中途解約に関するトラブル」

国民生活センターに寄せられる相談内容で割と多いのがこちらの中途解約金に関するトラブルです。

1年間など長期で契約し、途中で解約した際に違約金が発生するかどうか」「支払い済みの代金から返金はあるのか」の部分が問題になりがちです。

「契約期間と更新方法」「途中解約に関して」は契約前には必ずしっかりと確認することをおススメします。

 

ごく稀に悪質な結婚相談所では解約に応じないようにしたり、解約するのに辺り金銭を請求してくることもあるようです。

その際は悪質業者の思い通りにならないよう警察や国民生活センターなどに相談してみるといいでしょう。

 

「成婚料にまつわるトラブル」

結婚相談所によって「成婚」と判断するタイミングは異なっており、当然ながらその際に発生する成婚料の支払いタイミングも異なってきます。

プロポーズが完了し、結婚相談所を退会するタイミングでの支払いが多いようですが、中には真剣交際に入ったら成婚扱いとし、成婚料を支払う必要がある結婚相談所もあります。

「真剣交際後に成婚料を払って退会したけどプロポーズまでは至らず破局した!」なんてことも起こりうるので、利用する結婚相談所で「成婚とはどのタイミングのことなのか」しっかりと確認しておきましょう。

 

結婚相談所にもよりますが成婚料は成功報酬料金として高額になるケースが多いですが、中にはいかにして成婚料を払わずに結婚するかを考え始める利用者もいるようです。

ですが、悪いことは言いません本当に
やめておいた方がいいです!
いいこと何一つありません。

結婚相手にはほぼ確実に踏み倒したことがバレますし、成婚料を踏み倒すような人だと判明したら殆どの人が婚約を取り消すか結婚の延期を考えることでしょう。

また、結婚相談所も成婚料を貰わないと赤字になることもあり、踏み倒した事実を把握したら当然ながら厳しい対応をされ、裁判沙汰になることもあります。

様々なハイリスクを背負って節約するほどの金額でしょうか?成婚料を払いたくなく本当に格安で済ませたいのであれば、結婚相談所以外の方法で婚活した方がいいかもしれません。

 

❻性交渉にまつわるトラブル

結婚相談所にもよりますが婚約前の性交渉を禁止しており、ルールを破って性交渉した場合は即座に成婚扱いになる相談所(連盟)もあります。

結婚相談所側としても体目的の利用者が入ってきてしまうことを防ぎたいですし、体の関係があると利用者同士でのトラブルに非常に発展しやすいため、ほとんどの結婚相談所では禁止、ないしは自粛をお願いしているようです。

 




【結婚相談所で起こりうるトラブル集❷】へ続きます

 

MAKES 結婚相談所サーチで
素敵なパートナーと巡り会ってください。